in 話題

ホホジロザメ

-0 COMMENT
今月5日からちゅら海水族館で展示が始まっていた
ホホジロザメが展示からわずか3日で死亡したそうです。

体長が3.5メートルはある雄の個体だったようですが
記事を見てみると読谷で定置網にかかった翌日には展示を始めたみたい・・・。

もともと飼育が非常に難しく、また生体にも未知の部分が多いのだとか。

他の水槽に空きがなくて
初めから展示水槽に入れるしかなかったのかもしれませんが
環境の変化からくるストレスは人も他の動物でも同じだと思うので・・・。
ましてや飼育に関する情報が乏しい種である事を考えると一般展示を急ぎ過ぎた感は否めないです。

でも・・・出来る事なら・・・
一目この目で見てみたかったと思う一般人、、、ダメダメですね 

関連記事

 

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment