in 日常

興味の向いている場所

-0 COMMENT
年末の紅白で米津玄師さんが歌っていたあの空間を見た瞬間、

『 此処どこだー??? 』

と、思った人は少なからずいたと思います。
私もそんな中の一人で。

あの場所は大塚国際美術館です。
徳島県にありましてー 原寸大の陶版レプリカの作品を多数展示しています。
また歴史的建築物の内部壁画も再現していたり
モネの睡蓮の世界を現実の場面に置き換えて再現していたりと・・・見どころ満載な美術館です。

インスタ映え目当ての方や米津効果も相まって入館者は右肩上がりのようです。

レプリカなので実際に絵画に触れることができますし
陶版なのこともあり筆跡の感覚も味わえるそう。
世界中の美術品に直に触れることができる・・・魅力を感じますよね。

行ってみたーい!
しかしながら・・・交通の便がネックです。

実際に見学すると・・・じっくり見たいと思ったら1日は必要なのだとか。

沖縄⇔神戸(or伊丹・・・はたまた関空?)⇔徳島となるとねー。
一泊二日は無理なんですよねー。

あとはー夫は芸術関係あんまり興味なさそうなのよねー。
ひとりで行ってもいいけど私的にはー。
でも、夫はきっとついてくって言うでしょうしー(笑)

あ、夏休みにとかって、そんなんじゃないです。
いつか行ってみたいなーと思っている場所、今 興味が向いている場所なのです。
関連記事

 

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment