in 話題

沖縄あるある

-0 COMMENT
今 某NHKの番組を見ています。(というか・・・・つけっぱなしだっただけ・苦笑)

再放送なんですが 沖縄の結婚式にスポットを当てている番組で。
まさしく沖縄あるあるだなーと見入ってしまいまして。

今でこそ 100人規模とか親族だけで結納+披露宴だけを執り行う式も増えてきていますが
式場で披露宴を執り行うとなると 大体200人以上の招待客になるのが普通の沖縄の結婚式です。

何を隠そう・・・その昔の私の式・披露宴も招待したお客様は280人越え。
余興だけをお願いした団体の人数を入れると軽く300人以上になっていたと思います。

どこぞの芸能人の披露宴じゃないですよ、一般家庭の披露宴ですからね(笑)

因みに沖縄の結婚式の最大の本州との違いは披露宴式場に舞台があって
余興がメインといっても過言ではないところです。

親族が舞を踊り 友人は新郎・新婦 両方ともに余興を披露します。
働いている職場からも余興を出す(もちろん依頼しますけど)のが普通です。

披露宴に招待されると余興をどうしようかなんて真剣に考えます。
凝りに凝った場合、数か月前から練習開始したりしますしー大変ですよ本当に。(苦笑)

そんなこんなで余興だけで少なくて5つくらい・・・多いと8つ以上なんてことも。
果てはプロを呼んでの余興もあり! 
なので・・・増やそうと思うとどんどん増えていきます。

そういうわけで、普通に披露宴を執り行うと 2時間。
私の時はですねー時間を大幅にオーバーして3時間以上かかりました。(時間超過で追加料金とられた苦い思い出が・・・苦笑)

披露宴って本来は新郎新婦が結婚しましたよーてお披露目の場なんだと思いますが、
沖縄の場合は 新郎新婦の新しい門出をみんなで盛り上げようっていう意味合いが強いのかもしれません。
関連記事

 

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment