in 実家

欠けてはダメな存在

-0 COMMENT
この週末、父が検査&投薬テストの為入院しました。

言ってしまうとー がんなんですよね。
進行が割とゆっくり目だったのが
昨年だと思うのですけど飛んじゃいまして(いわゆる転移)・・・。

手術で取り切るというのは無理っぽく、
ピンポイント放射線照射などを試みながら様子を見てきましたが
今年に入ってからがんが活性化してるのか
抗がん剤使用の段階に入ったようで
今回は相性の良い抗がん剤のテストが主になるみたいです。

父は頭脳明晰で下手な事言ってもすぐわかってしまうと判断したのか
本人に選択させた方がいいと思ってなのか・・・
その辺はよくわからないけれど自身の身体状態は全て把握しているので
今回抗がん剤に移行するのも、テストするのも全て了解済みです。

そんな父が入院先の病院から 私に電話をかけてきて

『 2日にいっぺんとかー 顔出して買い物してやったり 様子見てやってくれよ 』

と、言うのです。

母もまた、今年に入ってから足腰の調子が悪いようで
ひとりで起き上がるのにも苦労するようになっています。

普段、父が介助したりしないと
起き上がれない事もあったり・・・。

なので、心配になったんでしょう。
こんなこと思ってはいけないけど、
確実に年を重ね 確実に先は短くなっているふたり・・・です。

夫婦仲が良いとも言い切れないけれど、
あちこちガタがきた身体の足りない部分をお互いで支え合って生活しているふたりです。
どちらが欠けてもダメなんですよね・・・きっと。
関連記事

 

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment