menu

母Call

父の入院、母の白内障の手術とそのあとの通院で行き来が多かった1月、2月でしたが父退院、母の通院の間隔が長く空くようになったのと職場繁忙で私に余裕がなくなったのもあり、3月はほぼ実家に足が向かなかったです。正直、母と長く一緒にいるとどうしても昔の話の蒸し返しになってしまうので悲しくなってしまうってのもあり・・・用がない限り会いたくないっていうのが正しいです。が、流石に1か月間顔を見に行かないのもなん...

19, 2019   0
Category  実家

中途半端に解釈する人たち

父の放射線治療がひと段落ついたので来週早々退院するめどが立ちました。しかし、この退院をめぐって話を聞かない人に振り回される私です。その人は母と弟。まず母。退院できそうだと父から聞いて支払いのことが気になってーと、その気持ちはよく理解できますが・・・『 明日、明後日にも退院っていうから 入院費用を聞きに行きたいから迎えに来て! 』と、仕事中にいきなり電話してくるわけですよ。母のせっかちは今に始まった...

09, 2019   0
Category  実家

始まっている気がする

このところ実家への行き来が多くなり顕著だよなーと思う事がひとつあります。父は多少短気なところもあるけれど話につじつまが合わないこともなく認知機能には全く問題がないと言っていいのですが、母に関しては・・・1 日付曜日を忘れる。2 『今度〇〇しよう』 と、話したことを覚えていない事がある。このふたつがあり、明らかに始まっている気がするのです。昨年あたりから手足の機能※に支障が出ているのももしかすると認...

03, 2019   0
Category  実家

欠けてはダメな存在

この週末、父が検査&投薬テストの為入院しました。言ってしまうとー がんなんですよね。進行が割とゆっくり目だったのが昨年だと思うのですけど飛んじゃいまして(いわゆる転移)・・・。手術で取り切るというのは無理っぽく、ピンポイント放射線照射などを試みながら様子を見てきましたが今年に入ってからがんが活性化してるのか抗がん剤使用の段階に入ったようで今回は相性の良い抗がん剤のテストが主になるみたいです。父は頭...

25, 2019   0
Category  実家

年をとる

今日は朝っぱらから母の守役(アッシー)。白内障の手術、片目ずつ2週に分けての施術。1週目は兄が、2週目は私が休みを取ることで分担。結果手術自体は 問題なく終了。先週片方を既にし終えているので 点眼の指示をきちっと守って指定日の診療に間違いなく行けばあんまり問題はなさそうで一安心。が、問題アリアリなのが母自身。少しは物分かりが良い年寄りなったかと思っていたけどそんなことなかったな、ハイ(苦笑)まず、、...

15, 2019   0
Category  実家

前もって

一昨日は私の実家に新年のあいさつ(というか、顔見に行っただけ・・・苦笑)に行きました。ほぼ正月にしか会う事のない兄とその家族。甥っ子たちは成長期ということもあり、この1年で大分たくましい顔つきになっておりました。弟のところのちびっこふたりも順調に育っていて、じいじ、ばあばもそんな孫を目を細めて見ているいい正月になったのでは。で・・・今は父親の症状が安定していて落ち着いているからという事もあるのか母...

03, 2019   0
Category  実家

アッシーな日々

ご無沙汰している間に季節は秋っぽくなってきました。台風24、25号と立て続けにやってきてもう来ないだろうと思っていたら・・・まさかの26号発生で今後の進路が気になります。実は―この1か月は母親のアッシーな日々でした。父が入院してしまってー。(今は退院してます)歩くのに支障はないのですけど 足腰が弱ってきているので出来る限り対応してました。が、歳を取るとどうしても~自分の時間でしか物事をすすめられなくな...

22, 2018   0
Category  実家

複雑な気持ち

楽しいことばかりじゃない世の中でー(なんて歌ではありません)ちょうど1年?2年?前 大病して生死の境をさまよった父。どうやら・・・今現在また入院している模様。模様というのは、母親から連絡がなく弟から連絡が来たから。私と私の母親はちょっと特殊というか・・・まあ、正直は母娘関係があまりよくなく。よっぽどのことがない限り、連絡とかはほとんど来ない。実際、前回父が危なかった時も連絡はなし。あの時も全く顔を見...

16, 2017   0
Category  実家

ふと、思ったこと。

6月23日は慰霊の日でした。(沖縄地上戦の事実上の終結日)慰霊の日で、ふと思ったこと。それは母のこと。母は戦争で実の父(私からすると祖父)を亡くしている。乳飲み子だった母は祖父の顔を覚えてないだろう。もしかすると祖父も母の生まれる前に戦場に駆り出されたのかもしれない。そして、戦後。まだ若かった母の母(つまり祖母)は再婚をして新しい家庭を築いた。が、母は引き取ってもらえなかったようだ。義父が許してく...

26, 2016   0
Category  実家