早いのかもしれないけど。

2017.07.13 22:34 * 日常
今日は所用があって有給取得。
夫とともに外出。

用事を済ませ、車の中での会話はズバリ 『 お墓 』
夫の母(つまり義母)の墓をまだ持たない我が家。
今は某お寺にてお預かりいただいている。

私たち夫婦も夫の兄弟姉妹たちも早くどうにかしたいと思っている。
しかし、長兄が・・・
まあ、悪い人ではないが面倒くさい系はだいたい夫へ丸投げする。

いろいろな事を勘案してみると義母の場合、
お墓を建てても将来的に墓守をする人はいなくなりそうなので
永代供養(一定期間墓の形で管理していただいたのち合祀搭にお骨を移すタイプ)がいいかなーと思っている。

因みに、夫と私がこの世の人でなくなった時は・・・。
私たち二人の意見は一致していて、もっと簡素なタイプ(納骨堂に収める)のがいいと思っている。

その理由は、我が家の場合は男の子がいないから。
もっと言うと、私自身は散骨がいいと思っている。
しかし、散骨にも手順(法的手続きが伴う)があって結構手間がかかるらしいが・・・。

まだまだ先のこととは思うけど、TVで無縁墓などの話を目にすることも多い。
何より、死後も何かとお金がかかるのも事実なわけで。
娘たちやそのあとに続く子孫に迷惑はかけたくない・・・と、思うから。

思考や足腰がしっかりと動くうちにお墓だけではなく・・・
いろんな情報を収集して終活の準備して実践することは大事だと思っている。
関連記事



コメント

Re: 理恵さん

親の先々のことだったり、また自分の終末のことだったり
いろんなことを考えないといけない年齢になったということですよね。

娘たちはどう思ってるかわかりませんが、
将来嫁に行く可能性がある限り・・・墓はないかなーと思うわけです。

TVで見て衝撃的だったのが・・・
子らと疎遠で引き取ってもらえない方が
検体を選択するという内容の番組だったですかねー。

墓終いもきちんとやられるのはまだいいほうで
主がいても放棄する人もいるのだとか・・・。
そういうのを目のあたりにしてしまうと本当に考えてしまいますよね。

タイムリーにも、ちょうどこの前、だんなさんのお父さんのお墓を何百万も出して建てることにしたという友人の話に、うんざりしながら聞いたばかりよ。
あたしもは、一人っ子で、しかもお嫁に行っているので当然、実家の墓をいずれあたしが墓じまいしなければならない身・・・
うちの実家の父親側のお父さん、、あたしのおじいちゃんが死んだとき、父が墓を建てて、
あたしに「何も心配いらんから。」みたいなことを言った。
あたしは、はぁ???って思ってさ。
だって、あたしはもう嫁に出てたし、父と母が死んだあと、この墓をあたしに託し、そして、あたしはいずれこの墓をつぶし、永代供養とかそういうもろもろのことを背負っていくんだ・・・と。
墓なんて、余計なものをよくも買ってくれたもんだ・・・と思ったわ。
まだ父も母も生きているので墓の守はしてくれてるけど、もう80歳も越えてるお年。
近い将来、墓じまいはあたしに降りかかる・・・やだよぉ。
あたしは、自分の骨を墓になんて入れてほしいなんて思ってない。れもんさんと一緒。納骨堂。もしくは自分ちの庭に巻いてほしいって思ってる。
これからどんどん墓事情は変わっていくよね。
非公開コメント

Profile

れもん

Author:れもん
南の方の島にて・・・
お気楽系A型 兼業主婦として活動中。

夫・私・娘2人が同居。
+自立娘1人の5人家族。

娘達がそれぞれの道を歩き出し、
今は夫とふたり第2の人生に向けて
コツコツ貯金に励む日々です。

Latest articles

Thank you for Your comment

Blog ranking

Blog Linklist

Link list

ブログ用素材をお借りしています。

Archive

Category

Access Counter


    Total Access:
    Now visitor:

  • ページトップへ
  • ホームへ