懐かしんでいたら。

車の廃車手続き無事完了しました。

車の処分で娘たちが小さかったころや
受験・進学・就職といろんなことを走馬灯のように思い出したりして懐かしんでいたら・・・
ネットニュースでこんな話題
奨学金返還できず自己破産に追い込まれる人が増加しているようです。

ウチも娘ふたりは奨学金を貸与していただいて大学・高専を卒業しました。
ひとりは無利子なので月の返済も1万ちょっとなので楽なようですが
もうひとりは有利子な上にめいっぱい借入しているので月の返済は2万程。

幸いウチはふたりとも就職してくれたので 今のところ返済で窮することはないですが、
あと10年以上支払いが続くわけです。※繰り上げ返済もちろん可

2万くらいの返済ならまだしも、人によっては月の返済が4万にもなるようなこともあるようです。

親元で生活していて きちんと収入を得られていればその額も問題ないと思いますけど
ひとり暮らしだったとすると・・・
大卒の初任給が確か22万ほど・・・と、言ってもここから色々引かれて手取りは18万くらい?
家賃が5~6万(都会だともっと高いだろうし)
生活費諸々が6~7万だとすると・・・固定費は14万で奨学金入れたらトントン、カツカツでしょう。
ボーナスがあればそこに望みをつなげることはできるでしょうけど。。。

機構って本当に極悪(すみません…)で
1か月でも引き落としが遅れると督促状と電話での催促が来るんですよね。
※二女は返金口座と給与振込口座が違うので時々残高不足になり督促が来る(汗)
で、3か月滞納すると有無を言わさずブラックリスト登録するんだとか?

借りずに進学させてあげられたら良かったですけど・・・
色々と無理だったのでウチでは借入をしました。

で、今回の記事で思うのが
借りる前に返す時のことをしっかり話し合っているのかという事です。

卒業後、少なくて300万~多いと700万円以上の借金を背負って社会人になることを。
大金ですよ・・・22やそこらで多額の借金です。
しかも、卒業したら即返済始まりますから・・・。

ウチではお金(総額)を娘たちに提示し
・卒業後は全額を自分で返還することになること。
・10年以上かかる(30半ばまでですよね・・・)。
・返せないと保証人である親・叔父らに迷惑がかかること。

を、みっちり話し、それでも進学を希望するのかって聞いた記憶があります。

それは暗に奨学金を借りるということは
就職してくれないと困るんだよーという事を言い聞かせていた・・・ということです。

破産することになることを望む親などどこにもいないと思うのです。
貸与を受ける時の認識の甘さが今の現状を生んでいる・・・身につまされるそんな話題です。
関連記事



コメントの投稿

SECRET

れもんRe: 理恵さん

> 奨学金、うちの息子たちふたりも借りています。
> この前、ちょうどその話題をママ友としたばかり。
> 関西の大学で、奨学金を返さない生徒が多い大学ランキングも出てました。
> おそらく就職がちゃんと決まらず、返済できないということなのかな・・・
>
> 例えば、子供たちが結婚するとき、夫婦ともに最初からローンを抱えてるって、
> 珍しいことじゃないですね。

理恵さん、まさにその通りかと。
就職しても追いつかないほどの額を借入れている方も多いのではないでしょうか。
公立ならともかく、私立などは公立の倍以上かかりますものね。

それと・・・
結婚するときに二人ともローン背負って一緒になるってのは本当にかわいそう。
うちの娘もそろそろな感じなのですが、実際ふたりともそうですね。

私自身は大卒じゃないのでよくわからないのですが
私くらいの年齢のころの大学の授業料ってそこまでバカ高くなかったと聞いたことがあります。

名ばかりの学校を簡単な審査で認可して多額の助成金をバラまいている現状を見るにつけ
まず助成金のばらまきを見直してもらいたいです。

あとはー子供の人口は減っているので
今ある学校の中身をきちんと精査して統廃合を進めて頂くとかー
学校認可の申請についてはもっと厳格化してもらいたいですよね。
それで、そうして浮いたお金で授業料を引き下げられるような制度にもっていくとか・・・。

その辺の課題も大きい気がします、、、ハイ。

2018/02/17 Sat|18:43|URL|EDIT

理恵さんNo title

奨学金、うちの息子たちふたりも借りています。
この前、ちょうどその話題をママ友としたばかり。
関西の大学で、奨学金を返さない生徒が多い大学ランキングも出てました。
おそらく就職がちゃんと決まらず、返済できないということなのかな・・・

例えば、子供たちが結婚するとき、夫婦ともに最初からローンを抱えてるって、
珍しいことじゃないですね。

2018/02/16 Fri|14:36|URL|EDIT

Profile

れもん

Author:れもん
南の方の島にて・・・
お気楽系A型 
兼業主婦として活動中。

夫・私・娘3人。

娘達がそれぞれの道を歩き出し、
今は夫とふたり第2の人生に向けて
コツコツ貯金に励む日々です。

Latest articles

Thank you for Your comment

Blog ranking

Blog Linklist

Link list

Archive

Category


Access Counter


    Total Access:
    Now visitor:

▲ top