ハクソー・リッジ

Category : 映画 * Edit
先日 久しぶりに映画を観てきました。

『 ハクソー・リッジ 』 

先の大戦の激戦地 前田高地(現・沖縄県浦添市)を舞台にした映画です。

衛生兵として志願し、尚且つ武器の所持と武力行使を拒絶しながらも
75人のも人命救助を成しえた青年の実話を基に作られた作品です。

この映画の最大の見せ場は戦闘場面。
胴から真っ二つに裂け飛び散る・・・頭が吹っ飛ぶ、目を覆いたくなる場面の連続です。
が、しかし、それより主人公の信念がテーマであると私は思います。

宗教映画という人もいます。
確かにキリスト教(宗派は覚えてませんが)を信仰している主人公ですが、
戦場に赴いた多くの兵士(日本軍も含め)も何がしの信仰を持っている人はいたはず。
自分の身が死の危険にさらされた時、
果たして信仰心だけで銃を持つことを拒否できるのか?
ましてや、ハクソー・リッジは米軍が6度進軍して6度撃退されるほどの超激戦地。

夜であること
艦砲射撃が行われていたことが奇跡を生む要因だったと思います。

が、それでも・・・あの惨状の中何度も行き来出来る主人公の精神力と体力。
そこには信仰心も大いに役立ったと思いますが、最後はやはり信念かなー。
信仰心以上の信念なくして成しえなかったことではないでしょうか。

メル・ギブソン監督なのでアメリカ映画とは言わないのかもしれませんが
アメリカ映画特有と言いましょうか・・・
やっぱりヒーロー映画的な部分もあるかなー演出的に。

それを差しひいても・・・。
戦争の悍ましさを生々しく再現した戦闘シーンは見るに値すると思います。
戦争を知らないものだからこそ、見てほしい映画のひとつです。


静かな休日は。

Category : 映画 * Edit
長女がいつの間にやらWOWOWに加入。
全仏テニスからつい最近上映されていた映画まで楽しめるようになりました。
でー、
昨晩 1.)ミッションインポッシブル:ローグネイション
今日も朝から 2.)X-MEN:アポカリプス の2本を鑑賞しました。

1.)はトムクルーズのイーサン・ハントでおなじみスパイ大作戦・映画バージョン第5弾。
実際は娘が見ていたものを途中から見たのですけどね。

Mi1は見ておらず、Mi2を見た私。
いちばん評判の悪かったジョン・ウー監督作(ウー監督ファンには申し訳ない)を見てしまったので
その後このシリーズ自ら進んでみたいと思わなくなり・・・実際見ていなかったわけ

筋が解からずに途中から見ても楽しめる娯楽大作ってことで 
星=☆☆☆☆

そして今日見た 2.)X-MENはマーベル・コミック最強キャラらしい?
アポカリプスを敵に迎えた作品のようです。
若かりしX-MENの面々。
ファーストジェネレーションで袂を分かつ形となったミュータントが
巨大な悪の前でまたひとつになるという話かな?

ミスティークの息子だったり、マグニートー(エリック)の息子クイックシルバーだったり。
ちょびっとウルヴァリンがでてきたりしてくすっと笑えたりします(ぇ

とりあえず・・・
漫画X-MENでは人気キャラは別の漫画で描かれているものもあるみたいで?
登場人物の相関関係を把握するだけでも大変。
時系列に至ってはスターウォーズといっしょで映画化された順番がバラバラなので分かりづらい。

ただ・・・まあ、確かにプロフェッサーXの能力がずば抜けているということはわかりましたし
マグニートーもそれに準ずるほどの能力の持ち主であることもわかりましたが
アポカリプスの設定は・・・強そうーとは思いましたけど最強?という感じではありませんでした。
星=☆☆☆ 

個人的にはファーストジェネレーションが見てみたい作品ですね。

あ、あとプロフェッサー役のジェームス・マカヴォイは最新作で23人格を演じ分けたとか・・・。
劇場で予告をちらっと見ましたが、まさか同じ人だとは気づかなったですー。


3月のライオン(前後編)

Category : 映画 * Edit
3月に贅沢して東京旅行へ行ったのでGWは映画を見て終わりー。

見てきたのは・・・
こちらもアニメを実写化してるのが同じですが、
エマ・ワトソンの美女と野獣ーではなくー3月のライオン後編でしたー。

昨今の将棋ブームに乗ったわけではないですよ。

某NHKで夜の11:30だったっけ?アニメが放映されてましたよねー
あれが面白くて実写版になったと聞いた時
内心はどうしようかと迷ったんですけど、感触が良かったので決めた次第です。

夫は漫画もアニメも…3月のライオンの存在すら知らなかったのでー
こっちも見なけりゃ始まらないだろうということでー検索してみると、
平日ではありますが、劇場最終上映回で前編が上演されていることがわかったので
速攻ネット予約し、4月末にまず前編を見ました。

私はアニメのほうを見ていたので前編の内容はほぼわかっていたのですけどねー。
いやーなんだかキャラがすっごくハマって良かったです。
それにしても、わきを固めている俳優陣がほんと豪華ですよねー(笑)

そして5月5日こどもの日後編へ。
零君の心の成長というか・・・心を開放していく様が丁寧に描かれていたのが印象的でした。

『人はこんなにも時が経った後で、嵐のように救われることがある。』

漫画を読んでいないので、これの意味が掴めてなかったんですが最後はつながりました。
川本家・幸田家 そして強面後藤さんとか・・・最強宗谷さんとか。

ここんとこ見た邦画の中ではよかったです。
星=☆☆☆☆

因みに夫が漫画を買いそうな勢いなんだけど・・・私よりもハマってしまったようです(笑)


Profile

れもん

Author:れもん
南の方の島にて・・・
お気楽系A型 兼業主婦として活動中。

夫・私・娘3人。

娘達がそれぞれの道を歩き出し、
今は夫とふたり第2の人生に向けて
コツコツ貯金に励む日々です。

Latest articles
Thank you for Your comment
Blog ranking
Blog Linklist
Link list
ブログ用素材をお借りしています。
Archive
Category
Access Counter

    Total Access:
    Now visitor: