関西の旅 その2 (奈良公園周辺-1)

2017.11.18 08:24 * 旅行
関西の旅 2日目は平城京の古都、奈良公園周辺へ。
大阪で宿をとっていたので電車で約1時間(往復2時間)揺られて行きました。
JR奈良駅で下車、市バスに乗り換えるも3連休の初日・・・なかなかバスは進まず。
2停留所で下車し、あとはひたすら徒歩移動の一日。

ちょうど正倉院展真っ只中の奈良にいるので まずは奈良国立博物館でチケットをゲット。
既に長蛇の列だったのでこちらは夕方まで取っておくことに。

まず向かったのは新薬師寺
DSC_0426.jpg
光明皇后が聖武天皇の病気平癒を願って建立したお寺です。
奈良公園のそのまた向こうということで、リストから外れたりすることが多いようですが、
薬師如来像と十二闘神像が間近で拝観可能と聞けばそれは行きますともー。

国宝級の文化財はほぼ撮影不可なので お寺の境内のみをUP。

line_1509669555893.jpegこのあと、
ウォーキングスタイルで定番奈良観光コースを逆走ルートで進みます。
(普通は東大寺→春日大社ですが、逆に大社側から駅側に戻っていくスタイル)

←お散歩途中 のんびり日向ぼっこ中の鹿さんをパチリ。
 鹿は本当に人を怖がらず、
 鹿せんべいを強請る・・・せんべいもってないと見向きもしない(苦笑)

 そんな鹿さんたちだが・・・
 心無い観光客が鹿せんべい以外のものを与えているのを何度か見た。
 一番ひどかったのは、拝観パンフレットを与えている外国人観光客・・・。
 またそれを食べる鹿も鹿なのだが、、、
 そんなの平気で与える人の気が知れない。(怒
 他の味を覚えた鹿が
 コンビニの袋を手に持っている女性を襲撃しているのも見た(汗
 袋ごとむしゃむしゃ・・・
 鹿のためを思えばせんべいのみを与えるてやるのがベスト。
 
 
以前、海の投棄物を腹いっぱいにさせて死んでしまった魚の画像を見たことがあるが
あの鹿たちももう既にそういうことになっているはずだ。
 
個体数が増えすぎて駆除するとかいう話も出ている鹿たちだが それとこれとは話が別で・・・。
可愛いからと何でもあたえてしまうのは決していいことではない。
観光に来る側ももう少し考えるべきだと思った出来事だ。



関西の旅 その1(大阪城)

2017.11.06 23:04 * 旅行
この連休を利用して2度目の関西旅行に行ってきました。

DSC_0422.jpg朝一番の飛行機に乗り関空→大阪で11時頃にはホテルに到着。
荷物を預け身軽になって出かけた先は・・・。

昨年の初旅行で閉館時間に間に合わず入れなかった
大阪城天守閣です。

が・・・その前にお隣の大阪歴史博物館を見学して
併設のレストランでランチタイム。

博物館・大阪城両方見学希望の場合はー
歴史博物館+大阪城セットチケットがお得。
博物館等に興味がない場合、高いチケット代になっちゃうけど。

因みに現地入りは3連休前日11/2でしたが、
まあ・・・みんな同じことを考えるので平日でも人はわんさか。
小学生やら中学生やらの社会見学(or修学旅行)もあり
そらまー激混みでありましたー(汗

そんなわけで・・・。
天守・展望台までのエレベーターは長蛇の列。
仕方がないので階段で一気に天守までーと言いたいところ、
実際は5Fあたりから膝が笑ってたがー何とかてっぺんまで到達。


そうそう、昨年は修復工事中で覆いに覆われていた天守だったが
今年は晴天の空の下 写メれたことに夫は超ご満悦だったようだ。(笑)

展示の仕方は歴史博物館もそうだけど 上層階(古い時代)→下層階(近代)と、いう内容でした。
15時過ぎ、見学終了で大幅に時間が余る・・・。

さて、どうしよう。。。そうだ!よしもと花月を見に行こう!!
と、思い立ち検索するも本劇場は改修中。
出張公演(梅田だったかなー)のチケットは既になく・・・と、いうわけで街を散策しつつホテルまで戻ることに。

こっちだと、本当に歩かない生活をしているのだが、
電車移動が普通だと、意識しないでもそれなりの距離を1日で歩く。

夫とも話したが、

『 本州で生活したら 自然と痩せそう! 』

を、1日目から実感する旅となった。

DSC_0419.jpg
※大阪歴史博物館から望む大阪城。 反射してます(汗)



関西の旅(奈良)

2017.10.29 20:05 * 旅行
今年も関西へ行くどー。

今頃予約なんかしたら倍近く支払うことになるから・・・
当然早割で割と前に旅券・ホテルは手配済。

京都もまだまだ行きたいところがたくさんありますが、
今回はもうひとつの古都・奈良へ。
祝・初旅行の時ほど入念なスケジュールは組んでないけど、
ガイドブックやサイトをチェックしつつ行きたいところはほぼ決まっている。

今回は~今の時期だと正倉院展が開催されているのだが
それを見に行くか行くまいかで少し迷っている。

週末と祝祭日は夜8時までの開館らしいので・・・
寺社・仏閣等は5時頃 閉まってしまうから
そのあと5~6時頃に入館できればGoodなんだけど、皆同じことを考えて逆に混んでないか心配で。

奈良といえば奈良まちとかが女子に人気らしいが、私は全く興味なく(笑)
しっかし、、、京都もそうだけど、奈良も行きたいところが分散しすぎなわけで。

『 いっそ退職したら住んでしまったほうがいいんでないかな? 
  家賃とかこっちより安くて広い物件多いからなーいいかもしれないなー。 』

と、冗談とも本気ともつかない会話になってしまう夫婦。(苦笑)
体力が疲弊してもいかんので~もう少しスケジュールを絞り込むとしよう。



対策はバッチリ。

2017.10.28 07:27 * 日常
おはようございます~台風22号がやってまいりました。

強風域のみだと思っていたら、
あらまーなんと小さいながら暴風域が発生していますよーっと。

しかし、小さいながらも直撃なので今現在既に結構な風雨で
朝もゴゴォーーーっという風の音で目が覚めたくらい。

当初から引きこもりを想定していて、 一昨日時点で食料の買出しも済ませてあるので
停電さえしなければ。。。今のところ我が家に関しては問題はなさそうです。

しかし暴風警報も出ているしバスも運行を取りやめているのに
何故か動いているモノレール・・・あれは高所なので結構揺れると思うんだけどなー

ま、、、午後が最接近(目に入る確率高し)なのでその時点では流石に休止になるんだろうけど。
交通機関の運行を通勤可能か否かの指針としている企業もあるので・・・。
止まったら止まったで帰宅するのに困ると思うのよねー。

そして、
夜勤明け 風雨が強いので迎えに行く予定なのだが連絡がない・・・夫。
これはきっと増員要請で帰宅不可になったっぽい?(苦笑)

まあ。。。連絡が来たら迎えに行きますけど、それ以外はひきこもりの1日ですね。



浦添ようどれ

2017.10.21 09:42 * 日常
先週末、いつもの特売卵の買出し前にふと思い立ち浦添ようどれに行ってきました。

琉球王城 首里城も目の当たりにできるような場所に住んでますが行ったのは2度くらい。
だって・・・見学料が高いんだもの(苦笑)

因みに今回行った浦添ようどれは琉球王朝でその王統が確認されている王統の祖になるのかな? 
英祖王とその子孫(第二尚氏)尚寧王の墓所。
DSC_0423.jpg
首里城下には玉陵という王家の墓がある。
玉陵は第二尚氏 王家の墓所。
尚寧王も第二尚氏なので本来は玉陵に納められるはずなのだが、分家(浦添城)出身であったため
浦添ようどれに埋葬されることを選んだとか?
はたまた、薩摩侵攻を許した自分を恥じて”ようどれにしてくれー”といったとか言わなかったとか?
色々な推測ががあるようですが・・・こればっかりは当人にしかわからないことかもね。

_20171009_021330.jpg写真がでっかいので小さくしてありますが ようどれに続く道。
※ようどれ=夕凪 と、いう意味らしい。
さらに捕捉すると・・・外国人観光客がちらほら見受けられたので?と思っていたら、
ようどれのこの崖の上が浦添城跡になるんだけど、
浦添城のこの断崖絶壁ってあのハクソーリッジの前田高地だったんだよねーってオチ。
上の写真のようどれ城壁の向こう側のうっそうとした雑木林のあたりからハクソーらしい。

あの映画のおかげで日の目を見た感があるようどれと浦添城跡
案内板等に乏しく・・・さみしい印象。
近くに うらそえようどれ館 があるので、詳しく知りたい場合はそこもプラスで見学するのが良いのかもしれない。



Profile

れもん

Author:れもん
南の方の島にて・・・
お気楽系A型 兼業主婦として活動中。

夫・私・娘2人が同居。
+自立娘1人の5人家族。

娘達がそれぞれの道を歩き出し、
今は夫とふたり第2の人生に向けて
コツコツ貯金に励む日々です。

Latest articles

Thank you for Your comment

Blog ranking

Blog Linklist

Link list

ブログ用素材をお借りしています。

Archive

Category

Access Counter


    Total Access:
    Now visitor:

  • ページトップへ
  • ホームへ